top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇8前文~8:1

前文 指揮者のために。ギテトの調べにのせて。ダビデの賛歌。

8:1 【主】よ私たちの主よ

あなたの御名は全地にわたり

なんと力に満ちていることでしょう。

あなたのご威光は天でたたえられています。


ギテトというのは、ガテ地方から伝わった楽器またはメロディを指していると、また、ぶどう搾りの仕事の際に口ずさむ調べであると、種々に説明され、確かなところはわからないが、後者が有力とされている。


ヨブにしても、ダビデにしても、いつも至高なる神の存在をたたえている。主の御名は、地においても、天においても、力強くたたえられている。それゆえ、私たちはまず、朝毎に主を覚えなくてはならないのである。それなくして人間の真の謙遜さは起きてはこない。傲慢丸出しである私たちは、神の偉大さを意識することで、正しくされなくてはならない。


この1節のことばは、最後の9節と同じで、最初と最後に繰り返し神をたたえている。仕事の始めに仕事の納めに神をたたえているのだろうか。もしくは朝毎に夜毎に神をたたえているのかも知れない。私たちは、いつも神を恐れ神をたたえる始まりと終わりで生きようではないか。


<祈り>

日毎夜毎ににあなたをたたえます。週の初めと終わりに賛美を捧げます。年の初めと終わりに礼拝捧げます。主の御名だけがあがめられますように。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

Comments


bottom of page