top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇6:4-5

6:4 【主】よ 帰って来て

 私のたましいを助け出してください。

 私を救ってください。あなたの恵みのゆえに。

6:5 死においては

 あなたを覚えることはありません。

 よみにおいては

 だれがあなたをほめたたえるでしょう。


ダビデは、良心の呵責、罪の苦しみから解放されるのは、ただ主の助けしかないと知っていた。

ちなみに仏教も「他力本願」を唱えており、自らの修行によって悟りを得るのではなく、他(阿弥陀仏)の本願(慈悲)に頼って成仏(煩悩からの解脱)するという点では共通しているが、他すなわち仏が実在でないゆえに、観念的なところで終結し、結果として本当の解放はない。

永遠であり生きて働かれる主の憐れみによって(6:2)、恵みによって(6:4)、全き解放が与えられるのである。


ダビデは、呵責から早く解放されたい思いがあり、また主がそれを成してくださる確信があった。彼は、呵責のまま死ぬことを望まない、霊と肉が生きて礼拝を捧げたい(覚える、ほめたたえる)と訴えていた。

私たちも霊と肉が活き活きとした礼拝を捧げよう。そのために罪の解放を受け取っていこうではないか。


<祈り>

主よ。あなたの憐れみと恵みを求めます。私たちを助け、守り、罪の解放すなわち平安へと導いてください。あなたを心から賛美し、礼拝捧げます。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

Comments


bottom of page