top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇6:2-3

6:2 【主】よ私をあわれんでください。

 私は衰えています。

 【主】よ私を癒やしてください。

 私の骨は恐れおののいています。

6:3 私のたましいはひどく恐れおののいています。

 【主】よあなたはいつまで──。


良心の呵責は、時に、ひどい恐れをもたらす。骨(からだ)もたましいも震え上がるほどに、衰えて癒やしが必要なほどに。この辛さや恥に耐えられず、様々な逃げを講じてしまう。


アダムがエバに責めをなすりつけた「転嫁」、パリサイ人と取税人の祈りに見られる「比較」、パリサイ人たちがたびたび指摘される「偽善」、イスラエルの民がしばしば預言者に逆らって歩む「否認」など、罪に向き合わず(すなわち義と良心に向き合わず)、それで良しとみなし、呵責から逃れようとするのが人間の常である。


この良心の呵責は、いつまで続くのか、いつ終わるのか、だれもわからない。しかし、神は悔い改めを望み(ペテロ第二3:9)、悔い改めを蔑まれない(詩篇51:7)ことをしっかり覚えておこう


<祈り>

神が与えて望んでおられる悔い改めを忘れず、呵責から逃れず、神からの責めを受け止め、義に生きることができるように導いてください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

bottom of page