top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇6:2-3

6:2 【主】よ私をあわれんでください。

 私は衰えています。

 【主】よ私を癒やしてください。

 私の骨は恐れおののいています。

6:3 私のたましいはひどく恐れおののいています。

 【主】よあなたはいつまで──。


良心の呵責は、時に、ひどい恐れをもたらす。骨(からだ)もたましいも震え上がるほどに、衰えて癒やしが必要なほどに。この辛さや恥に耐えられず、様々な逃げを講じてしまう。


アダムがエバに責めをなすりつけた「転嫁」、パリサイ人と取税人の祈りに見られる「比較」、パリサイ人たちがたびたび指摘される「偽善」、イスラエルの民がしばしば預言者に逆らって歩む「否認」など、罪に向き合わず(すなわち義と良心に向き合わず)、それで良しとみなし、呵責から逃れようとするのが人間の常である。


この良心の呵責は、いつまで続くのか、いつ終わるのか、だれもわからない。しかし、神は悔い改めを望み(ペテロ第二3:9)、悔い改めを蔑まれない(詩篇51:7)ことをしっかり覚えておこう


<祈り>

神が与えて望んでおられる悔い改めを忘れず、呵責から逃れず、神からの責めを受け止め、義に生きることができるように導いてください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page