top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇6前文-6:1

前文 指揮者のために。弦楽器に合わせて。第八の調べにのせて。ダビデの賛歌。

6:1 【主】よ御怒りで私を責めないでください。あなたの憤りで私を懲らしめないでください。


詩篇6篇は、7つの悔い改めの詩篇(6,,32,38,51,102,130,143)として知られ、ユダヤ人たちはこの詩篇を朗読するたびに、自らの罪と向き合い、神の赦しの恵みを受け取っていた。私たちもこの悔い改めの詩篇を朗読するたびに、また聖餐式を受けるたびに、聖められることを求め、再決心する必要がある。


賛歌と表題にありながら、冒頭は「怒りで私を責めないでください」「憤りで私を懲らしめないでください」と神の裁きの厳しさが語られる。しかし、悔い改めの中で、良心の呵責がとても重要であり、この呵責から逃げてしまうなら、赦しの平安につながらない。


この良心は、律法によって人々の心に刻まれていくのだが、一方すべての人に等しく良心は与えられている「彼らは、律法の命じる行いが自分の心に記されていることを示しています。彼らの良心も証ししていて、彼らの心の思いは互いに責め合ったり、また弁明し合ったりさえするのです(ローマ2:15)。」

それゆえ、神は正しい審判者であり、私たちは罪に対して言い逃れできず、素直に認めなければならない。


<祈り>

悔い改めは救いにつながる大切な信仰決心です。罪から来る恥や卑屈さに負けず、御言葉と良心に従って正しく歩めるように助けを与えください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page