top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇5:8-10

5:8 【主】よ 私を待ち伏せている者がいますから

 あなたの義によって私を導いてください。

 私の前にあなたの道をまっすぐにしてください。

5:9 彼らの口には真実がなく

 心にあるのは破壊です。

 彼らの喉は開いた墓。

 彼らはその舌でへつらうのです。

5:10 神よ 彼らに責めを負わせてください。

 彼らが自分のはかりごとで倒れますように。

 その多くの背きのゆえに

 彼らを追い散らしてください。

 あなたに逆らっているからです。


悪者の道(すなわち、神を無視する者たちの歩み)は、真実がなく、破壊。開いた墓のように腐敗と汚れの悪臭を漂わせ、嘘ばかりを並べ立てる。

だから、このような悪が広がらないため、彼らの背きと反逆に対して「彼らに責めを負わせ」るようにと、正しい審判者である神に懇願する。彼らが自分のはかりごとで倒れるか、または神が彼らを追い散らして、自分の周囲に悪がなくなることを願っている。


そして、自分に対しては、彼らの策略から守られるように、義に導かれ、神の道を歩むようにと願っている。


このように、信仰者は悪に対して嫌煙し(人を憎まず)、神の義、神の道を求めて、導かれるように歩むのである。


<祈り>

周囲の悪に対して、諦めず、侵されず、騙されず、負けないようにしてください。あなたの義を示し、その道に進めるように。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page