top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇9:3-8

9:3 私の敵は退くとき

 御前でつまずき ついえます。

9:4 あなたが私の正しい訴えを聞かれるからです。

 義の審判者として王座に着いておられるからです。

9:5 あなたは国々を叱り 悪しき者を滅ぼし

 彼らの名をとこしえに消し去られました。

9:6 敵は絶え果てました。

 ──永遠の廃墟

 あなたが根こそぎにされた町々──

 彼らの記憶さえ消え失せました。

9:7 しかし【主】はとこしえに御座に着き

 さばきのために王座を堅く立てられた。

9:8 主は義によって世界をさばき

 公正をもってもろもろの国民をさばかれる。


ダビデは勇者であり、全戦全勝の戦士であったが、勝利は神のものであり、神こそ王であると宣言していた。これが神に対する正しい認識であり、正しい信仰である。全権者である神を認める時、義の審判者として「叱り」「滅ぼし」「消し去る」「絶え果てる」「根こそぎにする」「記憶を消し去る」神はこれらを実現されるのである。


5節6節にある動詞は預言的完了形という過去形で、「悪しき者は既に消し去られた。またこれからも消し去られるだろう。」という二重の意味を持つ。これも信仰的態度である。「その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた(イザヤ53:5)。」のように、今まで癒やされてきたし、これからも癒やされると信じる。


神のなさることは、一個人だけにとどまらない。国家的に、全世界的に裁かれるのである。それゆえ、私たちの祈りや願いが一個人でとどまってはならず、家族、教会、地域、国家に対しても祈り続けていこう。


<祈り>

全能で全権をもっておられる神を信じ、神を崇め、神に従い、神に期待しています。どうか、私に関わる全てを、家族を、教会を、地域を、国家をお救いください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

Comments


bottom of page