top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇5:3

5:3 【主】よ 朝明けに 私の声を聞いてください。

 朝明けに 私はあなたの御前に備えをし

 仰ぎ望みます。


朝明けに祈り求める姿は、夜眠ることができたとしても(詩篇4:8)、目を覚ますと不安が襲ってくること、まだ変わらない危機的状況が続いていることが考えられる。


不安の中で、目覚めから眠るまでの一日がどれほど長く感じるであろうか。また、その不安に逃れるためにはどうしたら良いかと思案していることであろう。しかし、信仰者には確かな道がある。それが「あなたの御前に備えを」することである。不安が襲う前に、あれこれ悩む前に、できるだけ早く「朝明に」神を仰ぎ見ることである。すなわち、目を覚ましている時、見えるものに流されず、神の御心に合わせ、神とともに歩むことである。


不安であるときこそ、希望が見えないときこそ、主を仰ぎ見るときに、主の助けが確かにあることを知るのである。


<祈り>

不安に打ちのめされる前に、主を仰ぎ見、主の助けを求めます。不安から始まる一日ではなく、希望を見る一日が与えられると信じます。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

تعليقات


bottom of page