top of page
  • householdofgod0705

The Word & Pray 詩篇5:3

5:3 【主】よ 朝明けに 私の声を聞いてください。

 朝明けに 私はあなたの御前に備えをし

 仰ぎ望みます。


朝明けに祈り求める姿は、夜眠ることができたとしても(詩篇4:8)、目を覚ますと不安が襲ってくること、まだ変わらない危機的状況が続いていることが考えられる。


不安の中で、目覚めから眠るまでの一日がどれほど長く感じるであろうか。また、その不安に逃れるためにはどうしたら良いかと思案していることであろう。しかし、信仰者には確かな道がある。それが「あなたの御前に備えを」することである。不安が襲う前に、あれこれ悩む前に、できるだけ早く「朝明に」神を仰ぎ見ることである。すなわち、目を覚ましている時、見えるものに流されず、神の御心に合わせ、神とともに歩むことである。


不安であるときこそ、希望が見えないときこそ、主を仰ぎ見るときに、主の助けが確かにあることを知るのである。


<祈り>

不安に打ちのめされる前に、主を仰ぎ見、主の助けを求めます。不安から始まる一日ではなく、希望を見る一日が与えられると信じます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page