top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇1:6

更新日:2022年9月22日

詩篇1:6

まことに正しい者の道は【主】が知っておられ

悪しき者の道は滅び去る。


正しい者たちの歩みは、得てして人からの称賛を受けることなく、むしろ非難を受けることが多い。しかし、決して主は一人ひとりの善行を忘れてはおられない。

「わたしの弟子だからということで、この小さい者たちの一人に一杯の冷たい水でも飲ませる人は、決して報いを失うことがありません(マタイ10:42)。」

この「知る」という言葉は、私たちを覚えておられるという意味と、もう一つ「一体となる」という意味がある。すなわち、インマヌエル(神が私たちとともにおられる)である。主がどんなときにもそばにおられるので、助けと守りと救いが与えられるのである。


一方、「滅び去る」という言葉は、色んな意味で用いられる。ここでは、無駄に終わるとか滅びに至るという方向性を示している。他のところでは、失望や挫折、道に迷うなどにも用いられ、新約聖書においては永遠の刑罰に用いられる。


いずれにしても、神と結び合わされなければ、永続的な平安、恵み、救いは得られないのである。

「わたしはぶどうの木、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人にとどまっているなら、その人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないのです(ヨハネ 15:5)。」


<祈り>

私たちに、主イエスを通して神とつながる道を示してくださりありがとうございます。なおも信仰をもって主とともに歩みます。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page