• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇1:4-5

更新日:4 日前

詩篇1:4-5

悪しき者はそうではない

まさしく風が吹き飛ばす籾殻だ。

それゆえ悪しき者はさばきに

罪人は正しい人に立ち得ない。


罪人も正しい人も、この地上で同じように生きているように感じるが、ひとたび風が吹くと明らかに双方の違いがわかる。籾殻のように風に飛ばされて消えてしまう儚いものか、しっかりした木の根によって風が来ても傾かないか。必ず結果が出てしまう。


正しく生きる(御言葉を慕って生きる)か、悪しき者(はかりごとに歩み、罪人の道に立ち、嘲る者の座に着く者)となるかは、その人の選択である。それゆえ、選んだ結果が生じ、神のさばきの前に立つことができなくなる(すなわち神のさばきから免れない)。

また、罪人は正しい者の集い(礼拝と交わり)の中に入れない。たとえ、他者から痛めつけられたり、その他礼拝できない理由があったとしても、礼拝に集まることをやめるなら、それは他人の問題ではなく、自分自身の問題である。赦すことができず、御言葉が根付いていないからである。


風が吹いても、しっかり御言葉の根を下ろして、さばきの日に備え、集まりをしっかり保とうではないか。


<祈り>

試練やさばきや誘惑などどんな風が吹いても、飛ばされず流されず、御言葉に根付いて主に従っていけますように。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

詩篇1:6 まことに正しい者の道は【主】が知っておられ 悪しき者の道は滅び去る。 正しい者たちの歩みは、得てして人からの称賛を受けることなく、むしろ非難を受けることが多い。しかし、決して主は一人ひとりの善行を忘れてはおられない。 「わたしの弟子だからということで、この小さい者たちの一人に一杯の冷たい水でも飲ませる人は、決して報いを失うことがありません(マタイ10:42)。」 この「知る」という言葉

詩篇 1:2 【主】のおしえを喜びとし 昼も夜もそのおしえを口ずさむ人。 悪しき者のはかりごと、罪人の道、嘲る者の座に導かれないためには、主の教えを喜びとすること、また一日中御言葉を口ずさむ(意訳「心に留める」)ことが大切である。すなわち、悪に対抗できるのは御言葉なのである。 「救いのかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち神のことばを取りなさい(エペソ6:17)。」御言葉があらゆる誘惑から迷いから守る