top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇1:2

更新日:2022年9月22日


詩篇 1:2 【主】のおしえを喜びとし

昼も夜もそのおしえを口ずさむ人。


悪しき者のはかりごと、罪人の道、嘲る者の座に導かれないためには、主の教えを喜びとすること、また一日中御言葉を口ずさむ(意訳「心に留める」)ことが大切である。すなわち、悪に対抗できるのは御言葉なのである。

「救いのかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち神のことばを取りなさい(エペソ6:17)。」御言葉があらゆる誘惑から迷いから守るのである。


主の教えを喜びとするには、愛の言葉と信じること、約束を果たされると信じること、そして必ず実現すると期待することである。時には痛く感じる御言葉であっても、益となると信じるならば、忍耐して待ち望むであろう。御言葉にある恵みと平安を経験するならば、なお御言葉に期待するのである。


昼も夜も口ずさむためには、聞くことから始まる。それ故、礼拝は欠かせてはならないし、礼拝に期待して祈らなければならない。また、一日中御言葉が心に宿るには、朝ごとに御言葉を心に蓄え、賛美を通して詩が流れるようにすることである。


<祈り>

御言葉のうちにある豊かな恵みと平安を与えてください。信仰を強め、誘惑や困難から勝利を与えてください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page