top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇5前文~5:2

前文 指揮者のために。フルートに合わせて。ダビデの賛歌。

5:1 私のことばに耳を傾けてください。【主】よ。

 私のうめきを聞き取ってください。

5:2 私の叫ぶ声を耳に留めてください。

 私の王 私の神

 私はあなたに祈っています。


繊細なフルートの音色に合わせて、この詩が詠われていたのであろう。「汝等 しづまりて 我の神たるをしれ(文語;詩篇46:7)。」とあるような、神の前に心を静めるようにしていると感じ取られる。


しかし、冒頭から激しい祈りで始まる。祈りに耳を傾けてほしいと強く訴えるが、それが言葉にできない「うめき」のような思いである。叫びのような強烈な思いで、何としても神に届いてほしい悲痛な願いを申し出ている。


王であり、勇士であるダビデがなりふり構わず神に求める姿は、赤子のようである。「私の王」と呼ぶ彼は、自分は本当の王ではなく、神こそが真の王であり、自分は託された地位であることをしっかり見つめている。そして、「私の神」と呼んでいるのは、神への絶対的な信頼の現れである。


<祈り>

私の神。どうか、言葉にできない悩み、痛み、苦しみ、悲しみの中にある私の祈りに耳を傾けてください。あなたは私の信頼の的。私を助け出してくださると信じます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

Comentários


bottom of page