top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇5前文~5:2

前文 指揮者のために。フルートに合わせて。ダビデの賛歌。

5:1 私のことばに耳を傾けてください。【主】よ。

 私のうめきを聞き取ってください。

5:2 私の叫ぶ声を耳に留めてください。

 私の王 私の神

 私はあなたに祈っています。


繊細なフルートの音色に合わせて、この詩が詠われていたのであろう。「汝等 しづまりて 我の神たるをしれ(文語;詩篇46:7)。」とあるような、神の前に心を静めるようにしていると感じ取られる。


しかし、冒頭から激しい祈りで始まる。祈りに耳を傾けてほしいと強く訴えるが、それが言葉にできない「うめき」のような思いである。叫びのような強烈な思いで、何としても神に届いてほしい悲痛な願いを申し出ている。


王であり、勇士であるダビデがなりふり構わず神に求める姿は、赤子のようである。「私の王」と呼ぶ彼は、自分は本当の王ではなく、神こそが真の王であり、自分は託された地位であることをしっかり見つめている。そして、「私の神」と呼んでいるのは、神への絶対的な信頼の現れである。


<祈り>

私の神。どうか、言葉にできない悩み、痛み、苦しみ、悲しみの中にある私の祈りに耳を傾けてください。あなたは私の信頼の的。私を助け出してくださると信じます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8:6 あなたの御手のわざを人に治めさせ 万物を彼の足の下に置かれました。 8:7 羊も牛もすべてまた野の獣も 8:8 空の鳥海の魚海路を通うものも。 8:9 【主】よ 私たちの主よ あなたの御名は全地にわたり なんと力に満ちていることでしょう。 「万物を彼の足の下に置かれた」という言葉は、キリストを指している(エペソ1:22,ヘブル2:8など)のだが、キリストは「人」の代表(ローマ8:29)であ

8:3 あなたの指のわざであるあなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 8:4 人とは何ものなのでしょう。 あなたが心に留められるとは。 人の子とはいったい何ものなのでしょう。 あなたが顧みてくださるとは。 アポロ15号で月に着陸したジム・アーウィンは、月面で「神の臨在」を実感したと語る。姿を見たわけではなく、声を聞いたわけでもないが、確かにそこにいるのがわかったという。 一方、「地球は青かっ

8:2 幼子たち 乳飲み子たちの口を通して あなたは御力を打ち立てられました。 あなたに敵対する者に応えるため 復讐する敵を鎮めるために。 幼子の体力、能力、そして言語能力は全くと言っていいほど弱く、ましてや乳飲み子ならば無力に近いにもかかわらず、神はこのような小さな者をも顧みて、力を与え、ご自身を現そうとしている。天においても地においてもあがめられる方が、最も小さい者にまで目を留められるという。

bottom of page