top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇4前文-4:1

詩篇 4 前文~4:1


前文 指揮者のために。弦楽器に合わせて。ダビデの賛歌。

4:1 私が呼ぶとき答えてください。

 私の義なる神。

 追いつめられたとき

 あなたは私を解き放ってくださいました。

 私をあわれみ私の祈りを聞いてください。


この詩篇4篇は、3篇の続きとして書き残されたと言われている。そして、弦楽器に合わせて指揮者のもと大合唱されていたことを考えると、4篇は3篇のクライマックスとして描かれていたのではなかろうか。


再度、ダビデは神に呼び求めていた。祈りが応えられて平安が来ても、再び不安が押し寄せてくる。その都度、彼は「私を解き放ってくださいました」と何度も経験した神の御守りを思い出し、今度もそのようにしてくださると信じて祈っている。感謝が不安に勝利する秘訣である。


ダビデが「私の義なる神」と呼ぶところには、自分は神の義を追い求め、責められる不義がないゆえに、義を喜ばれる神の前で自分を受け入れてくださるだろうという確信から来ている。

私たちが祈り求める時、不義がないか(不純な動機がないか)点検し、神に受け入れられる確信をもって進んでいこう。


<祈り>

何度も迫りくる不安に対し、救い出してくださった恵みと感謝のなかで平安に変えられ、さらに祈り求めていきます。もし不義があるなら示して聖め、あなたの前に受け入れられる祈りとなさしめてください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

Comments


bottom of page