• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇3:7-8

詩篇 3:7-8


3:7 【主】よ立ち上がってください。

 私の神よお救いください。

 あなたは私のすべての敵の頬を打ち

 悪しき者の歯を砕いてくださいます。

3:8 救いは【主】にあります。

 あなたの民にあなたの祝福がありますように。 セラ


ダビデは、アブサロムの謀反に対して、逃げて身の安全を確保するのではなく、仲間を集めて助けを求めるのではなく、自分の武力(勇敢な戦士であった自負)で対決するのではなく、ただ神の救いを求めた。

そして、彼は、主が立ち上がる時にすべてが一瞬にして変わることを知っていた。神が私たちの味方で、全能者が私たちのために働かれるからである。敵の頬を打ち、悪しき者の歯を砕くとは、神が復讐されるということである。


「『目には目を、歯には歯を』と言われていたのを、あなたがたは聞いています。わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つ者には左の頬も向けなさい(マタイ5:34-35)。」

「愛する者たち、自分で復讐してはいけません。神の怒りにゆだねなさい。こう書かれているからです。『復讐はわたしのもの。わたしが報復する。』主はそう言われます(ローマ12:19)。」


あなたの民とは、神が選んでくださった者たち、神に信頼をおいている者たちである。アブサロムと彼に従った人は神を排除した民である。神の民こそ、いつも祝福に満ちているのである。


<祈り>

いつも、救いの神に助けを求めます。あなたが立ちがることを切に願い、御業がなされることを待ち望みます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4:8 平安のうちに私は身を横たえ すぐ眠りにつきます。 【主】よ ただあなただけが 安らかに 私を住まわせてくださいます。 権威が奪われ、地位を貶められ、いつ敵が襲いかかるか分からない状況にあっても、ダビデは平安のうちに横になること、眠りにつくことができた。これがシャローム(主の平安)である。 「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます(マ

4:6 多くの者は言っています。 「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」と。 【主】よどうかあなたの御顔の光を私たちの上に照らしてください。 4:7 あなたは喜びを私の心に下さいます。 それは彼らに穀物と新しいぶどう酒が豊かにある時にもまさっています。 「多くの者」を敵として言っているのなら、「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」という言葉は、「お前たちは良い目を見ることができない

4:4 震えわななけ。罪を犯すな。 心の中で語り床の上で静まれ。 セラ 4:5 義のいけにえを献げ 【主】に拠り頼め。 アブサロムの陣営に対して、武力で対抗することができたであろう。ダビデもダビデの側近も勇士であり、勝利を何度もおさめていたのだから、なおさら対抗することを選ぶ可能性が高い。しかし、アブサロム陣営に対抗するなら、それは彼らと同じ罪の道を歩むこととなる。 憤りや安全に身を任せるのではな