top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇3:1-2

3:1 【主】よ なんと私の敵が多くなり

 私に向かい立つ者が多くいることでしょう。

3:2 多くの者が私のたましいのことを言っています。

 「彼には神の救いがない」と。 セラ


「セラ」という単語は、その意味が不明で、「上げる」もしくは「屈する」と解釈されている。

もし、「上げる」と考えるならば、声を上げる、楽器演奏を強調するとなる。言わば、大きな声をあげて歌おうという楽譜のような意味であろう。

もし、「屈する」と考えるならば、そこで神を拝し、立ち止まり、主を見上げていこうという姿勢を表す。

いずれにしても、「セラ」という文字が出てきた時に、その前後の言葉に注目し、その思いに身を合わせ、告白するのである。


ダビデは、知らぬ間に自分の敵が増えていて、先日まで味方だと思っていた民がいつの間にか自分に向い立つ者となって、驚きとおののきと心の痛みを感じたのであろう。そればかりでなく、自分のたましいに向かって(心が折れるように)、「神の救いはない」(ダビデはもうだめだ、神も誰も助けない)と絶望させようと言ってきた。


その時、ダビデは苦難に目を向けず、神を見上げたのであろう。苦難を知っておられる神に向かい、「神の救いはない」彼らの言葉は偽りだと訴えたのであろう。


<祈り>

私たちがどんな苦難、悩み、痛み、困難にあっても、主を仰ぎ見て、救いを求めます。主こそ、私たちの助け、守り、力です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

bottom of page