• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇2:7-9

2:7 「私は【主】の定めについて語ろう。主は私に言われた。『あなたはわたしの子。わたしが今日あなたを生んだ。

2:8 わたしに求めよ。わたしは国々をあなたへのゆずりとして与える。地の果ての果てまであなたの所有として。

2:9 あなたは鉄の杖で彼らを牧し陶器師が器を砕くように粉々にする。』」


ダビデは内外に戦いがあった。その中で、主はダビデを「わたしの子」と呼びかけ、「国々を与える」と約束された。これが主の定めであり、ダビデを大いに励まし、敵に対して恐れずに歩むことができた。


しかし、この神の言葉は、やがての主イエスに対する啓示であった。

マタイ3:17「これはわたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ。」

使徒13:33「詩篇の第二篇に、『あなたはわたしの子。わたしが今日、あなたを生んだ』と書かれているとおりです。」

ヘブル1:5「神はいったい、どの御使いに向かって言われたでしょうか。『あなたはわたしの子。わたしが今日、あなたを生んだ』と。」

黙示録2:27「彼は鉄の杖で彼らを牧する。土の器を砕くように。」


「地の果ての果てまで」という約束はダビデの時には成就していないが、主イエスを通して実現される。アブラハムも同様で、すべての国民の祝福となったのは主イエスを通してである。

私たちに対する約束も然り。神の子とされる特権が与えられている(ヨハネ1:12)。存命中に果たされていなくとも、必ず神の言葉は成し遂げられることを信じよう。


<祈り>

私たちを神の子と呼んでくださり、守りと助けと勝利を与えてくださること感謝します。主の言葉と約束を信じます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4:8 平安のうちに私は身を横たえ すぐ眠りにつきます。 【主】よ ただあなただけが 安らかに 私を住まわせてくださいます。 権威が奪われ、地位を貶められ、いつ敵が襲いかかるか分からない状況にあっても、ダビデは平安のうちに横になること、眠りにつくことができた。これがシャローム(主の平安)である。 「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます(マ

4:6 多くの者は言っています。 「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」と。 【主】よどうかあなたの御顔の光を私たちの上に照らしてください。 4:7 あなたは喜びを私の心に下さいます。 それは彼らに穀物と新しいぶどう酒が豊かにある時にもまさっています。 「多くの者」を敵として言っているのなら、「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」という言葉は、「お前たちは良い目を見ることができない

4:4 震えわななけ。罪を犯すな。 心の中で語り床の上で静まれ。 セラ 4:5 義のいけにえを献げ 【主】に拠り頼め。 アブサロムの陣営に対して、武力で対抗することができたであろう。ダビデもダビデの側近も勇士であり、勝利を何度もおさめていたのだから、なおさら対抗することを選ぶ可能性が高い。しかし、アブサロム陣営に対抗するなら、それは彼らと同じ罪の道を歩むこととなる。 憤りや安全に身を任せるのではな