• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇2:6

2:6 「わたしがわたしの王を立てたのだ。

 わたしの聖なる山シオンに。」


シオンとは要害のことであり、敵の武力から身を守る堅固な城である。しかし、聖書に出てくるシオンという言葉のほとんどがエルサレムを指している。ダビデがエルサレムを首都と置く前から要害であり、ヒゼキヤ王も要害としてエルサレムに水路を作った(歴代誌第二32:30--「ヒゼキヤトンネル」と言われる)。

ダビデは、エルサレムを聖なる場所として、礼拝する神殿を立てようとした。そこは、ダビデが人口調査の罪を犯した時に贖いとしてオルナンの打ち場を買い取った所である(サムエル第二24章)。また、そこは、アブラハムがその子イサクを捧げようとしていたモリヤの山でもある(歴代誌第二3:1)。


人々は主に油注がれた者に対抗し、エルサレムを攻めようとした。武力でもって、武器でもって、おびただしい数でもって、優勢になると思ったのであろう。

しかし、「わたしがわたしの王を立てた」という言葉と計画を知らなければならない。王(リーダー;やがての主イエス)を立てた方がどんな方なのかを。油注がれた者に対抗することは、神に対抗することを。

この王には、霊的理解においてクリスチャンも含まれている。「しかし、あなたがたは選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神のものとされた民です(ペテロ第一2:9 )。」今も、聖なる山(神のそば)に私たちを置いてくださっているのである。


<祈り>

私たちを選び、聖なるものとし、堅固な城の中にかくまい、主の御助けを与えてくださり、感謝いたします。選ばれた者として見失うことのないように、御心を示し続けてください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4:8 平安のうちに私は身を横たえ すぐ眠りにつきます。 【主】よ ただあなただけが 安らかに 私を住まわせてくださいます。 権威が奪われ、地位を貶められ、いつ敵が襲いかかるか分からない状況にあっても、ダビデは平安のうちに横になること、眠りにつくことができた。これがシャローム(主の平安)である。 「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます(マ

4:6 多くの者は言っています。 「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」と。 【主】よどうかあなたの御顔の光を私たちの上に照らしてください。 4:7 あなたは喜びを私の心に下さいます。 それは彼らに穀物と新しいぶどう酒が豊かにある時にもまさっています。 「多くの者」を敵として言っているのなら、「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」という言葉は、「お前たちは良い目を見ることができない

4:4 震えわななけ。罪を犯すな。 心の中で語り床の上で静まれ。 セラ 4:5 義のいけにえを献げ 【主】に拠り頼め。 アブサロムの陣営に対して、武力で対抗することができたであろう。ダビデもダビデの側近も勇士であり、勝利を何度もおさめていたのだから、なおさら対抗することを選ぶ可能性が高い。しかし、アブサロム陣営に対抗するなら、それは彼らと同じ罪の道を歩むこととなる。 憤りや安全に身を任せるのではな