• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇2:4-5

更新日:10月12日

詩篇 2:4-5


2:4 天の御座に着いておられる方は笑い

 主はその者どもを嘲られる。

2:5 そのとき主は怒りをもって彼らに告げ

 激しく怒って彼らを恐れおののかせる。


天の御座に着いておられる主は、人々の傲慢(1-3節)に対して笑って、嘲るかのごとくに一蹴される。人は神に対して何もできないし、神はすべてを無にすることができるにもかかわらず、自分たちはできると勘違いしてしまう。愚かさを露呈しているにもかかわらず、賢そうに振る舞うのである。


しかし、やがて主の嘲りは憤りに変わってしまう。その時、人は主を恐れることを覚えるために、辛い体験をするようになる。

「あなたの神、【主】であるわたしは、ねたみの神。わたしを憎む者には父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし(出エジプト20:5)」と罪人に対して、厳しく対応される一面を知らなければならない。


一方、悔い改める者に対して、心優しく包んでくれる主の愛を信じなければならない。「わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである(出エジプト20:6)。」「私たちを愛し、その血によって私たちを罪から解き放ち(黙示録1:5)」


<祈り>

罪人の私たちに怒りを持っていたにも関わらず、御子の血によって罪を赦し、恵みを注いでくださることを感謝します。恐れと感謝を持ち続けて、主に従っていきます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4:8 平安のうちに私は身を横たえ すぐ眠りにつきます。 【主】よ ただあなただけが 安らかに 私を住まわせてくださいます。 権威が奪われ、地位を貶められ、いつ敵が襲いかかるか分からない状況にあっても、ダビデは平安のうちに横になること、眠りにつくことができた。これがシャローム(主の平安)である。 「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます(マ

4:6 多くの者は言っています。 「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」と。 【主】よどうかあなたの御顔の光を私たちの上に照らしてください。 4:7 あなたは喜びを私の心に下さいます。 それは彼らに穀物と新しいぶどう酒が豊かにある時にもまさっています。 「多くの者」を敵として言っているのなら、「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」という言葉は、「お前たちは良い目を見ることができない

4:4 震えわななけ。罪を犯すな。 心の中で語り床の上で静まれ。 セラ 4:5 義のいけにえを献げ 【主】に拠り頼め。 アブサロムの陣営に対して、武力で対抗することができたであろう。ダビデもダビデの側近も勇士であり、勝利を何度もおさめていたのだから、なおさら対抗することを選ぶ可能性が高い。しかし、アブサロム陣営に対抗するなら、それは彼らと同じ罪の道を歩むこととなる。 憤りや安全に身を任せるのではな