top of page
  • householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇2:1-3

詩篇 2:1-3


2:1 なぜ国々は騒ぎ立ち

 もろもろの国民は空しいことを企むのか。

2:2 なぜ地の王たちは立ち構え

 君主たちは相ともに集まるのか。

 【主】と主に油注がれた者に対して。

2:3 「さあ彼らのかせを打ち砕き

 彼らの綱を解き捨てよう。」


この詩には表題がないが、ダビデが詠んだと言われている(使徒4:25-26)。内容からして、ダビデの実体験であり、信仰告白であるのだが、やがて主イエスとその信仰者たちに対する預言となっている。


油注がれた者をヘブライ語で「メシア」と言い、ギリシア語で「キリスト」という。もとは、モーセの兄アロンから始まった、祭司に油を注ぎで任命したことから由来する。やがて王の任命(サウル王、ダビデ王)、預言者任命(エリシャ)に用いられた。ユダヤ人たちは、やがてバビロン捕囚から帰ってきて、自国の弱さを知り、神への求めが起こり、真のメシア(祭司であり、預言者であり、王である方)が来られる啓示を与えられていた。


油注がれた者に対抗する人たちは、騒ぎ断つ、企む、立ち構える、集まる、打ち砕く、解き捨てるというような罪の姿勢が現れている。これはダビデに対抗する人たちの姿であり、やがて主イエスに対抗する人たちの姿でもある。終わりの時代に現れる反キリストでもある(ヨハネ第一2:18)。彼らがどんなに強力であっても、徒党を組んでいても、それは空しいことである。

彼らは信仰者に対抗しているように見えるが、それは主に対して対抗しているのである。それを知らずとも、主と油注がれた者に対抗することが愚かであることを思い知らされるであろう。


<祈り>

私たちを油注がれた者と同じ扱いにされ、私たちに対抗する者たちに対して主が治めてくださること、感謝いたします。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

The Word & Pray 詩篇9:17-20

9:17 悪しき者はよみに帰って行く。 神を忘れるあらゆる国々も。 9:18 貧しい者は決して忘れられることがなく 苦しむ者の望みは永遠に失せることがない。 9:19 【主】よ 立ち上がり 人間が勝ち誇らないようにしてください。 国々が御前でさばかれるようにしてください。 9:20 【主】よ 彼らに恐れを起こさせ 国々に思い知らせてください。 自らが人間にすぎないことを。 セラ どんなに権力があっ

The Word & Pray 詩篇9:13-16

9:13 【主】よ 私をあわれんでください。 私を憎む者から来る私の苦しみをご覧ください。 死の門から私を引き上げてくださる方よ。 9:14 私はあなたのすべての誉れを語り告げるため 娘シオンの城門で あなたの救いに歓声をあげます。 9:15 国々は自分で作った穴に陥り 自分で隠した網に足を取られる。 9:16 【主】はご自身を知らしめ さばきを行われた。 悪しき者は自分の手で作った罠にかかった。

The Word & Pray 詩篇9:9-12

9:9 【主】は虐げられた者の砦 苦しみのときの砦。 9:10 御名を知る者はあなたに拠り頼みます。 【主】よ あなたを求める者を あなたはお見捨てになりませんでした。 9:11 【主】にほめ歌を歌え シオンに住まうその方に。 主のみわざを告げ知らせよ 国々の民に。 9:12 血に報いる方は彼らを心に留め 貧しい者の叫びをお忘れにならない。 砦とは、敵軍の攻撃から身を守る城のような建物で、堅固なも

bottom of page