• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇2:1-3

詩篇 2:1-3


2:1 なぜ国々は騒ぎ立ち

 もろもろの国民は空しいことを企むのか。

2:2 なぜ地の王たちは立ち構え

 君主たちは相ともに集まるのか。

 【主】と主に油注がれた者に対して。

2:3 「さあ彼らのかせを打ち砕き

 彼らの綱を解き捨てよう。」


この詩には表題がないが、ダビデが詠んだと言われている(使徒4:25-26)。内容からして、ダビデの実体験であり、信仰告白であるのだが、やがて主イエスとその信仰者たちに対する預言となっている。


油注がれた者をヘブライ語で「メシア」と言い、ギリシア語で「キリスト」という。もとは、モーセの兄アロンから始まった、祭司に油を注ぎで任命したことから由来する。やがて王の任命(サウル王、ダビデ王)、預言者任命(エリシャ)に用いられた。ユダヤ人たちは、やがてバビロン捕囚から帰ってきて、自国の弱さを知り、神への求めが起こり、真のメシア(祭司であり、預言者であり、王である方)が来られる啓示を与えられていた。


油注がれた者に対抗する人たちは、騒ぎ断つ、企む、立ち構える、集まる、打ち砕く、解き捨てるというような罪の姿勢が現れている。これはダビデに対抗する人たちの姿であり、やがて主イエスに対抗する人たちの姿でもある。終わりの時代に現れる反キリストでもある(ヨハネ第一2:18)。彼らがどんなに強力であっても、徒党を組んでいても、それは空しいことである。

彼らは信仰者に対抗しているように見えるが、それは主に対して対抗しているのである。それを知らずとも、主と油注がれた者に対抗することが愚かであることを思い知らされるであろう。


<祈り>

私たちを油注がれた者と同じ扱いにされ、私たちに対抗する者たちに対して主が治めてくださること、感謝いたします。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4:8 平安のうちに私は身を横たえ すぐ眠りにつきます。 【主】よ ただあなただけが 安らかに 私を住まわせてくださいます。 権威が奪われ、地位を貶められ、いつ敵が襲いかかるか分からない状況にあっても、ダビデは平安のうちに横になること、眠りにつくことができた。これがシャローム(主の平安)である。 「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます(マ

4:6 多くの者は言っています。 「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」と。 【主】よどうかあなたの御顔の光を私たちの上に照らしてください。 4:7 あなたは喜びを私の心に下さいます。 それは彼らに穀物と新しいぶどう酒が豊かにある時にもまさっています。 「多くの者」を敵として言っているのなら、「だれがわれわれに良い目を見させてくれるのか」という言葉は、「お前たちは良い目を見ることができない

4:4 震えわななけ。罪を犯すな。 心の中で語り床の上で静まれ。 セラ 4:5 義のいけにえを献げ 【主】に拠り頼め。 アブサロムの陣営に対して、武力で対抗することができたであろう。ダビデもダビデの側近も勇士であり、勝利を何度もおさめていたのだから、なおさら対抗することを選ぶ可能性が高い。しかし、アブサロム陣営に対抗するなら、それは彼らと同じ罪の道を歩むこととなる。 憤りや安全に身を任せるのではな