• householdofgod0705

毎日の糧 ― The Word & Pray ― 詩篇1:1

更新日:4 日前


詩篇 1:1 幸いなことよ

悪しき者のはかりごとに歩まず

罪人の道に立たず

嘲る物の座に着かない人。


詩篇の冒頭に謳われているのは、幸いなこと(祝福であること)である。それは、罪からの解放であり、聖書の中で一番大切なテーマである。罪からの解放がどれほど幸いであるか、神がそのためにどれほどのことをしてくださったか、私たちは深く知る必要がある。


悪しき者のはかりごと、これは人間が禁断の実を取ったときの悪魔の謀略と同じで、同調することから罪に傾くのである。


罪人の道、これは選択や判断を示す。「道、真理、いのち」である主イエスを信じていくのか、罪人たちの道を選ぶのか。まさに信仰決心が問われるのである。


嘲る者の座、信仰者を嘲る姿である。主イエスが十字架の上で受けていた嘲りが最もたるところで、人々はあたかもそれが正しく思えたり、優越感に浸っていた。


歩む(同調する)、立つ(決断する)、座に着く(組する)と罪の深さが現れている。これらのものから遠ざかることが、第一優先とすべきであり、最重要とすべきである。


<祈り>

神が忠告をされ、また罪の赦しの救いを示されたことを忘れません。この大切な福音に従って歩みます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

詩篇1:6 まことに正しい者の道は【主】が知っておられ 悪しき者の道は滅び去る。 正しい者たちの歩みは、得てして人からの称賛を受けることなく、むしろ非難を受けることが多い。しかし、決して主は一人ひとりの善行を忘れてはおられない。 「わたしの弟子だからということで、この小さい者たちの一人に一杯の冷たい水でも飲ませる人は、決して報いを失うことがありません(マタイ10:42)。」 この「知る」という言葉

詩篇1:4-5 悪しき者はそうではない まさしく風が吹き飛ばす籾殻だ。 それゆえ悪しき者はさばきに 罪人は正しい人に立ち得ない。 罪人も正しい人も、この地上で同じように生きているように感じるが、ひとたび風が吹くと明らかに双方の違いがわかる。籾殻のように風に飛ばされて消えてしまう儚いものか、しっかりした木の根によって風が来ても傾かないか。必ず結果が出てしまう。 正しく生きる(御言葉を慕って生きる)か